ハル・ゴルフクリニック
ハル・ゴルフクリニック:トピックス
こちらのページでは、レッスン風景やイベント、コースレッスン等、
様々な内容をご紹介いたします。
もしかしたらミニレッスンが始まるかも!?要チェック!!
■ 夏のゴルフ          【ズバリ ! ラフ対策】
梅雨明け宣言はまだですが、暑くなりましたね !!

青空も芝の緑も濃くなって、夏本番 \(^o^)/

さて、これから手強くなる 【 ラフ 】 についてです。

よくあるラフでの失敗例としては…

 ー任防蕕韻謄棔璽襪飛ばない

 ▲棔璽襪上がらなくて左に行く

 ダルマ落としになる

 ぅ侫薀ぅ筺爾砲覆(飛びすぎる)

 ゥ棔璽襪グリーンに落ちてから止まり難い


ズバリ ! 原因 & ●解決策  !!

.ラブがインサイドから入りすぎると芝の抵抗が大きくなります。  ロフト角が小さくなると(長いクラブ)ボールとフェースの間に芝が絡みやすくなります。  
●ロフト角が大きいクラブ(短いクラブ)を選択し、 ややアウトサイドインの軌道を心がましょう。

▲侫А璽垢返ってしまう原因として、 シャフトやネックに芝が絡まり、 インパクトの時にクラブヘッドがクローズになってしまいます。
●フェースを返り難くするために、 クラブを極力短く持ち、 ゆっくり大きなスイングを心がけましょう。

ボールがラフに沈んでいるように見えても実は浮いている場合がよくあります。
●地面とボールの高さをよく見極め、 クラブの最下点に気をつけてスイングしましょう。

ぅ薀奸= 飛ばない の逆ですが、 クラブフェースとボールの間に芝が挟まって極端にスピン量が減り、 飛びすぎることをフライヤーと言います。  比較的ヘッドスピードが速い方によくある現象です。
●こればかりは、 打ってみないとわからないので、奥にOBやハザードがある時は、 安全に手前から ! と短めのクラブを選択しましょう。

イ海譴皚い汎瑛優好團麥未減るためです。
●使うクラブによりますが、 ボールの落下地点から10ヤードから30ヤード位は転がる覚悟でグリーンを狙っていきましょう。 

最後に、 夏のゴルフの楽しみ方として…。
前日は十分に睡眠をとり、 朝食はしっかり食べましょう。
そして、 ラウンド中は喉が渇く前にこまめな水分補給を心がけてください。  ちなみに私のお勧めドリンクは、大塚製薬の ”Wアミノバリュー ”と ”ポカリスェット ” です。  


  
+++ 14.Jul.2009
 

< 一覧へ戻る >

Copyright(C) HARU GOLF CLINIC Allrights Reserved.